火垂るの墓

 

戦争を語り継ぐ小説たち

日本人にとって戦争はもう遠い昔のものになってしまいました。もちろん、それは素晴らしいことです。それは日本がどれほど平和であったかの証明であるのですから。
しかしかつての日本人が苦しみ、嘆き、それ故に感じ取ることが可能だったこの平和の価値を、我々は思い出さなければなりません。戦争小説たちは、我々をその時代へと連れて行ってくれます。多くの苦しみ、嘆きがあった世界へと。体験しましょう戦争の時代を。そして知りましょう、平和の価値を。

[No blog posts to show ...publish here]